読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fragment

断片と断片の連想ゲーム

ジェスチャーがマウスを進化させる!Better Touch Toolsのススメ。

アプリ

 

f:id:A7A12A11A:20150331124454p:plain

BetterTouchTool
http://www.boastr.de/

 

/忙しい人向けのまとめ 

このアプリを使うとできること

・今使っているマウスやコントローラーにジェスチャーを追加

・アプリケーションごとにジェスチャーを割り当てる

・ウィンドウスナッピング、ウィンドウのリサイズ、移動などの機能追加

 

 

/BetterTouchTool(通称BTT)とは

BTTとは、簡単にいえば無料のジェスチャー拡張アプリです。(ジェスチャーとは、トラックパッドなどの上で指のみで実行できるショートカットのこと)

Macにはジェスチャーがいろいろと付いているけれど、自分でジェスチャーを追加したりは出来ないので、小回りが効きません。

しかし、このBTTはジェスチャーを追加したり、トラックパッド周りを便利にするさまざまなことができるのです。

 

/ジェスチャーの例

たとえば、どのアプリにもキーボードショートカットがあるのが普通ですが、Safariなどのブラウザーでタブを閉じるためには、マウスから手を離さなくてはなりません。

BTTならば、そのキーボードショートカットをジェスチャーに割り当てて、マウスに手を置いたままタブを閉じたり復元したり、ブックマークの追加や、ブラウザによってはTwitterで現在のページをつぶやくこともマウスに割り当てることが可能です。

 

私の場合、指2本をマウス上で左回りにひねればタブを閉じる(⌘+W)、右回りにひねればTabの復元(Shift+⌘+T)、という操作をブラウザー上では割り当てています。

加えて、使用しているブラウザーがSleipnirなので、三本指で上にスワイプすれば現在のページのツイート、下にスワイプすればPocket(あとで読むアプリの一種)に現在のページを送信、などもあります。

 

/競合ソフト、Magicprefsについて

もちろん、BTTの他にも似たソフトがあって、有名なところだとMagicprefなどがあります。が、Magicprefsの場合は小回りがきかない上にインターフェイスが分かりづらく、やや挙動が重いのです。

 

ではそれらと比べたBTTの売りはなにかといえば、それはアプリごとにジェスチャーが設定できること、です。

たとえば、先ほどの2本指でひねるジェスチャー、ブラウザーではTabを閉じるだけですが、他のアプリを使っている時には違うキーボードショートカットを割り当てられるのです。

なので、いくつものジェスチャーを覚える必要はなく、親しみやすいジェスチャーをアプリケーションごとによく使う操作に割り当てていけばいいので効率が良いのです。

また、Magic MouseやMagic Trackpad以外にも、iRemote、ワコム製タブレット、普通のマウス、果てはleapmotionなどにも対応しているので、さまざまなコントローラーに細かくジェスチャーを割り当てることもできます。

 

そしてジェスチャー追加が主とはいえ、BTTには他にも便利機能があるのです。

たとえばWindowsでは定番機能のウィンドウスナッピングや、ウィンドウのリサイズ、ドラッグでの移動を拡張したり、などなど。

こちらの記事(外部リンク)に詳しいので、詳しい説明は一任します。

 

超便利!「BetterTouchTool」を使いたおすための7つの設定。[Mac] | MacWin Ver.1.0
http://macwin.org/mac/bettertouchtool/

 

次の記事では具体的な追加方法を書いていこうと思います。

であであ。