読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fragment

断片と断片の連想ゲーム

ドナドナと価値について

ドナドナって歌がある。

救いのない世知辛い話の代名詞、とはいえまあ昔からネタとして使われることが多くて、

攻殻機動隊でタチコマが歌ってるシーンも有った(タチコマかわいいよタチコマ)

 

 

で、ふと口ずさんでいて思った。

「仮に牛が売れ残ったらどうなるのじゃ?」と。

 

スーパーにおいてある普通の肉やお弁当などは期限がきたり売れ残ったりすると、

大体捨てられるか、肉などはそのまま揚げ物にされたりする。

(なので惣菜コーナーにある肉系のものはちょっと危険だとか聞くけれど、今もなのかな?)

 

やはりそういう感じになるのかなー、と思っていたのだけど、

グーグル先生いわくそういうことではないみたい。

 

競走馬の牧場で、馬が売れ残ってしまったらどうなるんですか? - Yahoo!知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14108645154

 

競走馬は、牛 豚 鶏等と同じ『経済動物』。

競走馬として売る為に、何百万円も種付け料金を払い妊娠させて飼います。
血統が良ければ、妊娠中でも値が付きます。
産まれた時や育成中に病気が見つかったり、競走馬の競りで値が付かない場合は『馬』として生きられません。


その様な馬は、牛等と同じ一般の家畜市場で取り引きされます。

行き先は、ファミレスやスーパーの安いハンバーグ サラミ コンビーフ等の加工肉工場 ペットフード工場、皮は財布やバック、骨等は飼料や肥料に…棄てるところはありません。
勿論、動物園やサファリパークの肉食獣の餌にも。

 

 

なるほどね。

こう、サクッと殺されるのかと思ったけど、

もっと合理的な消費がされるようだ。

 

でも、仮にドナドナが人間だったとして、売れ残ったとしたらどうなるのかな。

奴隷みたいな非人道的な賞品だったとしても、その群れとしての機能や役割が果たせないことはなかなかに当人としても辛いものがあると思うけど、買われても複雑な心境なんだろうか。

価値観の問題かな、やはり。

 

自分が搾取される環境にあったとしても、その環境に適応できないと気づいた時、人はやっぱり傷つくんだろうか。

そんなことを口ずさみながら思った。

 

追記:ドナドナの続き、オリジナル版だと救いようがなさすぎるんですがこれは…

 

 青い空 そよぐ風 明るく とびかう
 つばめよ それをみて おまえは 何おもう
 もしもつばさが あったならば
 楽しい牧場に 帰れるものを
 ドナ ドナ ドナ ドナ 悲しみをたたえ
 ドナ ドナ ドナ ドナ はかない命